不動産の窓口
10~18時 土10~15時
日曜 祝日不定休
2020年02月03日
不動産の窓口ブログ

危険な「屋根の雪」と「つらら」に要注意!

上の写真は、以前当社の管理している物件で起きた、

屋根からの雪とつららの落下による事故のものです。

かけててよかった損害保険

定期的に見廻ったり、警戒をしてはいても、事故は合間を潜り抜けるように起きるものです。

 

こちらは転落防止の柵と、窓ガラス、網戸のフレームが破損しました。

幸いと人的被害はありませんでしたが、運の問題でもありますね…。

 

オーナーさんも入居者さんもきちんと保険に加入していたので、

大きなトラブルもなく、スムーズに修理することができました。

こういったときのための保険ですからね、大切です。

 

ちなみに、雪による被害は「雪災」で、

多くの保険で「風災」の範疇に含まれていることが多いです。

当社の取り扱っている東京海上さんの損害保険でも、

数年程前に「通常は【火災】【風災】【水災】等の全てのリスクで統一しなければならない免責金額を、風災だけ引き上げることで保険料を下げる」

という「風災リスク高額免責方式」というのが出されているのですが、

北海道の場合は風災の中に雪災も含まれることを考えると、台風は来にくい北海道とはいえ、当社ではあまりオススメできないですね…。

いえ、もちろん被害が出た時にポンと10万円、20万円出せるという方なら問題ないのですが、なかなかそうもいきませんので。

 

2020年、今年は稀に見る雪の少なさではありますが、

その分いつドカ雪が降ってくるか…と道民は警戒気味。

なんとか大きな事故なく、冬を乗り切れますように!

arrow_upward