不動産の窓口
10~18時 土10~15時
日曜 祝日不定休
2020年08月11日
不動産の窓口ブログ

アパートの廊下補修を行いました

古くなってきたアパートの共用廊下。まるごと新しくできればいいのですが、予算のあるオーナーさんばかりではありません。

老朽化がひどい部分の補修を行いました。

穴を塞いで、被害拡大防止も…

共用廊下、表面の割れたコンクリートを取り除くと、

写真の通り、完全に穴が開いてしまっていました。

骨になる部分はサビは多いもののまだ大丈夫ということで、

鉄板で穴を塞いで、上からモルタルで補修を行いました。

ついでに、コンクリのひび割れから水が入りにくいように、コーキングして、完成です。

水が入り込まなければひびは広がりにくいので、

少しは拡大を抑えることができるはずです。

 

築40年近くになるアパートたち。

安全面から直さないわけにはいかないけれど、

老朽化してもなかなか直す予算がつけられないオーナーさんも多く、修理は色々と工夫して安く済む方法を提示するなどしています。

 

arrow_upward