不動産の窓口
10~18時 土10~15時
日曜 祝日不定休
2020年06月03日
不動産の窓口ブログ

家賃や初期費用の相場の現実【恵庭の不動産会社スタッフブログ】

自主管理のオーナーさんから「賃貸アパートの仲介をして」と依頼を受けるのですが、

内容を確認すると、現在の相場にそぐわず、首をかしげてしまうこともたまに、あったりします。

例えば恵庭市の家賃相場・入居費用条件

賃貸管理の業者さんは、いつも相場や諸条件に気を配っているのでまずありませんが、

個人で自主管理のオーナーさんですと、家賃や初期費用などの相場についての情報が古く、

なかなか厳しい募集内容を提示されることがままあります。

 

当社のある北海道恵庭市では、

例えば築30年オーバーの1LDK以下の木造アパートの場合、

賃料2万円台

敷金礼金なし

当月賃料無料等のフリーレントあり

仲介会社への広告料1~3ヶ月、または仲介手数料のオーナー負担

というのが、昨今当たり前になってきています。

管理会社や、賃貸経営に意欲的な若手のオーナーさんなどはほとんどこのような内容で提示されていますし、

当社の管理物件もオーナーさんにご了承を頂いた上で、大体このような条件のものが多いです。

 

が、昔からずっとアパートを自主管理されているようなオーナーさんですと、

この辺りの最新の事情が耳に入ることはほとんどなく、一昔前の内容での募集を希望され、

家賃3万の、敷金1ヶ月、広告料等なし、フリーレントは応相談

というような、

「決まらないことはないだろうけど、ちょっと手厳しい」というような募集条件になることがあります。

賃料こそは、年数が経てば下げる、という感覚がありますからまだいいのですが、

最近は敷金がほぼ無いことを知らず、

広告料についてはそもそも存在すら知らない、という方も多いです。

 

手厳しい現実…

自分でアパートを建て、それからずっと自主管理をしてきたオーナーさんにとってはアパートは非常に愛着があるもので、

それを「こんなに安く、敷金もない条件では貸せない」、という思いを抱く方は少なくないでしょう。

しかし、顧客がそんな愛着を理解してくれるわけでもなく、

オーナーさんのお気持ちを考えると、現状をお伝えするのは、なかなか仲介業として苦しいものがあります。

世の中、世知辛いですね…。

arrow_upward