不動産の窓口
10~18時 土10~15時
日曜 祝日不定休
2020年10月15日
不動産の窓口ブログ

なかなか難儀な賃貸戸建の生垣の剪定…

枝葉が伸びて、お隣の敷地に侵入してしまっているイチイの生垣。

賃貸戸建なのですが、生垣は誰が管理するのか…というのはなかなか難儀な問題です。

「もう自分じゃできないのでオーナーさんにやってほしい」という入居者さんからのご相談

「これまである程度自分でやってきたが、体調を崩して自分ではできなくなってしまい、オーナーさんに切ってもらえないか…」

というのが借主様からの最初のご相談でした。

現地を確認してみると、借主様はある程度剪定はされていたものの、表面をならす程度の剪定だったのかと思います。

ゆっくりと年々膨らんでいって、庭木は電線にかかり、生垣は隣に侵入…という状態になってしまっていたのでした。

幸いまだクレーム等は来てはいなかったのですが、いつ来てもおかしくはありません。

 

高所作業や隣家への養生なども必要なことから当社では手におえず、

プロの造園屋さんにご依頼することに。

お隣さんとの間に通り抜けできるくらいの隙間ができました!

ばっつり切って貰ったので、しばらくは心配もなさそうですね!

 

生垣の他に背の高い木も複数あったため、結構な費用がかかることになりましたが、

長らく安定して住んでいただいた入居者さんだったこともあり、

オーナーさんにもご理解頂いて実施することができました。

実際、生垣や庭木は誰が手入れする責任があるの?

しかし、今回オーナーさんのご負担で実施したのですが、

「賃貸戸建の生垣」を剪定するのは、貸主・借主どっちなのでしょうか?

以前、こういったブログ記事も書いたのですが、↓

こちらでは借りている方向けに、

借家は敷地ごと貸しているものなので、庭の管理は基本的には入居者の責任

ただし、庭木は雑草等と違って下手に手を出されるのを嫌がる人も多く、オーナーが剪定を実施することも多い。

と言う風にご紹介させて頂きました。

 

あまりお金もかけられないので、入居者さんにやってもらいたい…というオーナーさんも多いことかと思います。

 

しかし、今回のケースもそうですが、

入居者さんは健康なうちはプロへ依頼することなく、自分で剪定を行っていました。

知識や技術は人それぞれですから、まずここで、

・切りすぎてしまい、木を枯らしてしまう

・少しは剪定していたが年々膨らんでいって素人の手に負えなくなってしまう

といった問題が起きるかもしれません。

素人に生き物である木の手入れというのは容易くありません。

今回は後者でした。隣の敷地に完全に入ってしまい、素人ではお隣さんの設備に傷をつけてしまいかねませんでした。

 

そして、

・高齢化などで体を悪くして自力で手入れできなくなってしまう

・ずっと庭が無い生活だったので庭にも手入れが必要という概念が薄くて、放置してしまう

・有料で依頼する金銭的余裕がない

といった事情で、草木が伸び放題になってしまうことも少なくありません。

 

実際に道路や隣に枝葉が伸びて、苦情が来るような状態になって、

入居者さんに「庭木は入居者さんに管理してもらうことになっています、切ってください」と頼んでも、

「素人じゃ手を出せない規模や高さだし、お金もないのでできません!!」

なんて話になったら、

入居者さんがお金を出せるようになるまで待っているわけにもいきませんから、結局オーナーさんの負担で実施することになるでしょう。

あとから費用請求…などと言っても、結構揉めることになるんじゃないでしょうか。

契約内容や賃料にもよるかと思いますが、裁判をしても全額入居者負担になるかは難しいところです。

 

入居者さんがお金をかけてやってくれたとしても、

「こんな費用がたびたびかかるなら、私たちでは管理できないので、木自体を処分してしまいたい」

というような話になる可能性だってあります。

入居者さんに負担をさせて管理してもらうということであれば、それを拒むのも難しい話です。

手入れ等を完全におまかせしたからには根元から伐採するのを許可するか、

あるいはされたくなければオーナーさんが自分で管理する…という話になってくると思います。

 

住宅内の設備でも同じです。

「エアコンが壊れても入居者負担で修理・交換してね」という契約であれば、

入居者さんが買い替えたエアコンを退去時に持って行って、エアコンがなくなってしまってもあまり文句は言えません。

 

庭木の位置や種類、規模にもよりますが、

思い入れのある木や、伸びると近隣に迷惑のかかる生垣や大きくなる木については、ある程度オーナーさんが責任を持って管理したほうが良い、というのが当社の考えです。

再度お伝えしますが、木は生き物であり、知識の無い方に管理を任せるとどうなるかわかりません。

そして、大半の方は木の管理方法を知りませんし、自分が植えたわけでもない木の管理方法を調べようという方もそう多くありませんし、お金もかけたくないのです。

家を貸すときは、庭木をどうするかについても考えてみてくださいね。

 

 

 

恵庭市近郊の不動産賃貸・管理などお気軽にご相談ください!

https://f-madoguchi.jp/

 

arrow_upward