不動産の窓口
10~18時 土10~15時
日曜・祝日
2021年07月09日
不動産の窓口ブログ

土砂崩れのニュース

沢山の人がけがをしたり、行方不明になったりするニュースを見ると悲しくなってしまいますね…。

気鬱になってしまうので、ほとほどにして気晴らしをするのも大事ですが、

災害が起きた事実から目をそらさず、備えについても考えなければなりません。

熱海の土砂崩れのニュースは衝撃でした。

元々坂の多い町ではあったでしょうが、あんなに街中を流れていってしまうとは…。

平成26年に起きた広島市の土砂崩れのニュースもまだ記憶に新しいのですが、

あの頃に比べスマホも普及して、現場の鮮明な映像が届くようになったのもあって、多くの人がショックを受けたりしたと思います。

 

大地震の時などもそうなのですが、

当事者ではないのに、色々と気になって映像やニュースを調べては気が滅入ってしまう…ということがあるので、

ときどきは関係ないものを見たり、本でも読んだりするのが良いです。

東日本大震災の時はずっとニュースを追いかけ続けてしまったので、

以来、あまり見過ぎないように注意しています…。

とはいえ、我々は災害の記憶をすぐに忘れてしまいます。

そして、今まで見てない災害のことは想定もしません。

土砂崩れのニュースを見てはじめて、「自分の所はどうなんだろう…」と心配する、という方も多いでしょう。

ぜひ、皆さんにハザードマップを確認して頂きたいです。

自治体のホームページなどで確認ができます。

 

幸いと…というわけではないですが、私たち不動産業者はハザードマップを見る機会が多いので、あまり忘れずにいられます。

北海道恵庭市は市街地に土砂崩れの警戒区域がほぼ無いため、そもそも土砂崩れの心配がある土地なんてあるのか?

という人もいるかもしれません。

柏木の恵望園のあたりや、さけます・内水面水産試験場のあたりなど、いくつかに点在しています。

 

防災マップは各家庭に配布されている他、恵庭市HPでも確認できます。

紙版のほうが見やすいので、家に無い、という方はぜひ市役所で貰ってきましょう。

▶ 恵庭市 防災ガイドブック

arrow_upward