不動産の窓口
10~18時 土10~15時
日曜 祝日不定休
2020年08月20日
不動産の窓口ブログ

アパート敷地内の放置自転車の処分

アパートやマンションの敷地、あるいは空き地内で自転車が放置されていると、処分には結構な手間がかかります…。

放置自転車処分までの道のり

アパート等で「放置自転車ではないか」と思われるものが発見した場合、

処分まではこんな感じです。

 

入居者に所有している自転車ではないか確認

警察に連絡し、盗難車ではないか確認

盗難車の場合は警察にて対応、そうでなければ土地保有者の責で処分することに

誰かが使用している自転車を処分すると、勝手に自分の敷地に置かれたものだとしてもトラブルにつながることがあるので、
「○月○日に連絡がない場合処分します」といった貼り紙などを自転車に設置し、1~2週間は様子を見る

特になにもなければ、指定の日以降に処分

 

おおむねこのような流れになり、なんだかんだ処分までに数週間ほどかかります。

放置自転車は、不法投棄です!

自転車は重いし大きいので運ぶも捨てるも大変です。

軽い気持ちで置いて行っているのでしょうが、本当に手間がかかります。

 

ましてや盗難車だったりすると、

「勝手に盗んできた上に、そのまま適当に他人の敷地に投げ捨てる」わけですから、

本当に許しがたい所業です。

 

盗難はもちろん犯罪ですし、きちんとした処分をせず放置するのは不法投棄です。

きちんとルールを守って欲しいですね…。

 

 

ところで、私もやられたことがあるんですが、自転車のサドルだけを盗んでいくのは一体何を目的としてるんでしょうか。

放置自転車にもサドルがないものがよくあり、

サドルが盗まれた→乗れないので放置

みたいな流れで放置自転車が増えてるような気もします。

悪循環なのでやめて欲しいですね!

 

arrow_upward