不動産の窓口
10~18時 土10~15時
日曜・祝日
2021年01月07日
不動産の窓口ブログ

サーキュレーターの効果を実感

天井に手を伸ばすと暖かいのに、足元は冷える…。

という状態だった我が家の居間ですが、ためしにサーキュレーターを使ってみたら効果抜群で驚きです。

なんとなくサーキュレーター引っ張り出してみたら…

サーキュレーター、一応正式には「エアサーキュレーター」は、扇風機と似たものですが、扇風機よりも「直進しやすい風」を出し、空気を掻きまわすことを目的とした機械です。

我が家にも一台あるのですが、夏場に扇風機のような使い方をするばかりで、冬は封印されていたのですが、

年末から続く寒気に耐えかね、「そういえばサーキュレーター使ってみたらどうなんだ」という話になり、引っ張り出してきました。

24度→27度!?もはや夏では

寒い寒いとはいうものの、築30年ほどとはいえ北海道の住宅。

ストーブを焚いていれば床と天井の真ん中あたりに設置した温度計は24度くらいだったりするのですが、

足下はなんとなく冷たいし、頭の上は暖かい。

というわけで、サーキュレーターを斜め上方向、天井付近の空気を押し出すように向けて設置してみますと、

2~30分後には、温度計はなんと27度になっていました!

 

ということは天井間際の空気は30度近くあったということ…?もう夏じゃないですかそれは…。

そんなに効果があるものか?と思っていましたが、あるものなんですね。

使い道によって設置方向も様々

ところでサーキュレーターを使うにあたって、一体どこに向けるのが適切なのかとネット検索をかけたのですが、

「エアコンの吹き出し口に向けて…」などと書いてあって、エアコン前提の内容が多かったです。

我が家はエアコンはなく、夏は窓をあけるばかりですし、冬は輻射式の灯油FFストーブという具合ですから、どこに向けるんだ…と少し戸惑ってしまいました。

効果も出ていますし、大体天井に向けておけば間違いないかと思いますが。

 

冷房を使うときや、部屋の構造などによっても色々効率のいい使い方があるようなので、ロフトがあるとか、隣の部屋も暖めたいなんて場合は、調べてみるといいかもしれないですね。

 

燃料代削減にもつながるかと思いますので、ストーブつけてるのに足元冷えるなーという方はご利用されてみてはいかがでしょうか。

arrow_upward