不動産の窓口
10~18時 日祝10~15時
土曜日
2019年04月21日
不動産の窓口ブログ

夕張市石炭博物館の模擬坑道火災【恵庭の不動産会社スタッフブログ】

2019年4月18日、今季のオープンを目前にして夕張市石炭博物館の模擬坑道で火災が発生したとのニュース。

丁度パリのノートルダム大聖堂の火災のニュースが冷めやらぬところでしたので、衝撃でした。

坑道火災の恐ろしさ

どちらの火災も補修などの工事に伴う事故とみられているとのことで、ちょっとしたことが大事故につながってしまう恐ろしさを感じます。

 

 

夕張市は、わたくしどもの会社のある恵庭市からは大体車で1時間くらいの距離。

「マウントレースイスキー場」が恵庭市から行ける大型のスキー場のうちでは比較的近いもののうちの一つですので、

冬場、スキー目的で行く人も少なくないのではないかと思います。

メロン、映画祭、石炭等有名ではありますが、個人的にはスキーに行くところ、という印象が強いです。

 

 

模擬坑道は石炭層が燃えてしまっているとのことで、完全な鎮火には時間がかかりそうです。

石炭の坑道火災は、世界の各地にも何十年という単位で現在も地下火災が続いているところもあり、アメリカのセントラリアなどが有名ですね。

色んなテレビ番組に取り上げられたり、ゲームのモデルにもなったりとある意味人気ではありますが、退去勧告が出され馴染んだ生活を手放さざるを得なかった住人たちはさぞ辛かっただろうと思います。(今現在住んでる人も多少、いるそうですが)

20日の時点では煙はでなくなったとのことですが、鎮火は果たしていつになるんでしょうか。

財政破綻からなんとか頑張ってきた夕張市、貴重な文化財でもある模擬坑道が無くなってしまうようなことはないといいのですが…。

復旧が済んだら、幼少期に行ったきりの石炭博物館、また行ってみようかなと思います。

 

 

寄付はふるさと納税のサイトから受け付けていましたが、

4月23日(火)、復旧の見通しが不透明なことから、火災に関する寄付については一旦停止することにしたそうです。

通常のふるさと納税・返礼品なしのふるさと納税は受け付けています。

https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/01209/3776

 

他でも色々募金が行われるかもしれませんが、災害が起こると募金詐欺なども増えるので気を付けたいですね。

arrow_upward