不動産の窓口
10~18時 日祝10~15時
土曜日
2019年09月15日
不動産の窓口ブログ

架空の家の間取り図と、北国特有の「アレ」

ドラマや、アニメなどで登場する家。

サザエさんの「磯野家の間取り」やドラえもんの「野比家の間取り」などは、

間取りを起こして解説しているブログなどもたくさんあるんです。知っていましたか?

楽しい間取り図観察。

私実は、面白い間取り図を見るのが好きで不動産屋に勤め始めたところがございまして。

しかし、恵庭市は土地も成型地が圧倒的に多いですし、築年数も古くて40年そこそこ。

建物も割と画一的で、それほど「面白い間取り」というのは現実には出会えないものですね…。

しかしこうして間取りと実際の家と触れ合う機会が増えますと、

ドラマやアニメに登場する家の間取り図を考える、というのも面白くなってきます。

 

「磯野家」や「野比家」、それから「野原家(クレヨンしんちゃん)」あたりはアニメの間取りを調べたがる業界(?)では有名でして、

ネットでも取り上げている記事が多数ありますので一度ご覧になってはいかがでしょうか。

気になる「北海道の創作間取り図」

ネットスラング(俗語)で「○○警察」という言葉があります。

有名どころでは「着物警察」。

一般的には「着物を着ている人に対し、その着方はおかしい!と指導をする人」のことで、

「お金がないから安いポリエステルの着物を着ている若者に安っぽいと嫌味を言う」

「着崩したり、洋装と組み合わせて着物を楽しんでいる人に対してしゃしゃり出てきて日本文化に相応しくないなどの文句を言う」など、

あまりいいイメージの言葉ではないですね…。

 

「自分に多少知識があるために、間違っている人、一般と違うやり方をしている人に対して文句を言ったり攻撃したりする」

嫌ですねー、自分はそうはなりたくないものですが、

間取りや家を見慣れているとやはり、気になることはどーしてもあるものです。

 

北海道が舞台のアニメなのに、間取りに「アレ」がなかったりするんです。

コレです ↓

玄関とダイニングキッチンの間にあるドア!

この間取り図を見ての通り、「このドアさえなければ、もうちょっと広く部屋を使えるんじゃないか…」

という気がしますが、北海道の家には必需品のこのドアです!

 

これがないと、屋外からの冷たい空気が直接部屋に入り込み、とっても寒い!

作っているのは本州のアニメ制作の会社さんですから、そんなことはもちろん知らないのでしょうが、

北海道の不動産屋としてはどうしても気になってしまうのでした…。

 

道民の皆さんは逆に、ドラマやアニメに登場するそこそこ古めのアパートなどを見てみると、

「そういえば玄関から直接ダイニングキッチンに!」

などの気付きがあって面白いですよ。

窓も複層ガラスでも二重窓でもなかったり。

 

地方によって異なる間取り、見てみると面白いですよ!

arrow_upward