不動産の窓口
10~18時 日祝10~15時
土曜日
2020年01月19日
不動産の窓口ブログ

「単身高齢者」のお部屋探しのコツ!

高齢者ご本人やご家族から、「高齢者一人なんですが、部屋を借りられますか?」

とお問い合わせ頂くことが増えているここ数年です。

なかなか借りられないケースも多いですが、借りられる部屋を探すためのコツをご紹介します!

まずは「最初に言う」ことが大切です。

お部屋探しの方法ですが、今は大半が、

「まずネットで探して、気に入った物件について問い合わせをする」

という形が多いです。

ご高齢の親御さんのために、お子さんが代わりに…ということも多いですよね。

その際、例えばメールや電話で問い合わせをしたりする場合に、

通常、入居者の年齢や性別、入居人数などをお部屋の問い合わせの時点で伝える…ということはあまりしないかと思います。

「このお部屋は今も空いていますか?中を見れますか?」

と聞けば、不動産会社は

「はい、空いています。ご内覧も可能です」

といったような返事をするでしょう。

 

 

しかし、実際見にいって、気に入ったのでいざ申し込もう! という段階になって、

ご高齢の一人暮らしでのお申込みだ、ということがわかった不動産会社が、

「こちらのアパートは、ご高齢者単身でのお申込みはちょっと難しいです…」

ということになる場合があります。

 

まずあらかじめ、「高齢者の一人暮らしである」ということを伝えておけば、

少なくとも、不動産会社が把握している範囲で、単身高齢者の入居が難しい物件については、最初から除外したり、その旨を伝えてくれるでしょう。

 

大家さんの不安を解消できる用意をしましょう。

単身高齢者がなぜアパート入居を断られるのか、と言いますと、

 

孤独死による、部屋への損害の不安

亡くなられたあと、滞納家賃や原状回復等の費用が支払われるのかどうかへの不安

 

といったものが、主に挙げられます。

詳しくは以前にも記事を書いていますので、こちらもご参考にしてみてください。

こういった不安の大半は、

「近郊に、連絡のつく身内がいる」

ということで解消されます。

娘さんや息子さんなど、相続の権利があるような血縁の方が望ましいです。

緊急連絡先としてだけでも構いませんが、可能なら連帯保証人になってもらえるなら、そのほうが良いですね。

定期的に様子を見に行くつもりがあることなどを提示して、

「万が一の場合に、対応してくれる人がいる」

ということを示しておけば、大家さん側もある程度、安心してくれます。

あらかじめ、身内の方に連絡をして、部屋探しについて相談しておくことも大切ですね。

 

 

しかし、必ずしも都合のよい身内の方がいるわけではありませんよね?

遠方にしかいなかったり、なんらかの都合で縁を切っていたり…。

そういった場合は、他の要素で不安を解消しなければいけません。

福祉支援を受けており、定期的に状況確認をしてくれるといった場合はそのことを説明したり、

見守りサービスなどを利用することを提示する、など。

オーナーさん側がそういったサービスを行っているケースもありますが、低家賃帯の物件では、オーナーさんもそういったところに予算がまわせないのが実情です。

ある程度は入居者様に負担して頂く必要があります。

 

 

この他、多くの賃貸住宅に関係する会社も、現在は高齢者の一人暮らし対策に乗り出しています。

家賃保証契約や、住宅保険などに、孤独死に備えたプランがついていることも少なくありません。

そういったものを利用して入居ができないかどうかをきいてみましょう。

 

保証会社利用の場合には、保証会社審査が必要です。

多くの場合は運転免許証などの「写真付きの身分証明書」が必要ですが、ご高齢の方は持っておられないことも多いです。

マイナンバーカードを作成しておくのがオススメですが、

2種類の証明書類を提示する方法もあります。

「保険証」と「住民票」を出すのが一般的です。

申込みの際に提出するように、住民票をあらかじめ用意しておくと、スムーズかもしれません。

 

「高齢単身者」のお部屋探し環境はどんどん変化中です!

私ども恵庭の(株)不動産の窓口でも、単身高齢者の方にお部屋のご紹介を多数行ってきました。

私たちが直接管理している物件ではある程度オーナー様にもご理解を頂いているものが多いのですが、

どうしても条件に合うお部屋がなかったため、個人オーナーさんや他の管理会社さんの物件をあたったときには、

緊急連絡先が北海道外にしかいない、などの理由で3~4件も審査を落とされてしまったこともあります。

それでもなんとか、ご希望に沿うお部屋を見つけてご契約していただくことができました。

 

今は保険や保証会社なども色々と対応できるようになってきましたので、

私たち仲介会社・管理会社も「こういった補償もありますよ」とオーナーさんにご説明して、高齢者の方が御入居しやすい環境を作っています。

色々と心身に負担のかかるご高齢者のお部屋探しですが、

諦めず、ちょっと妥協したり、範囲を広げたりすると案外すぐに見つかることもあります。

 

 

恵庭市近郊でお探しの方は、是非当社にもご相談頂ければと思います!

 

北海道恵庭市の不動産会社

(株)不動産の窓口

https://f-madoguchi.jp/

 

arrow_upward