不動産の窓口
10~18時 日祝10~15時
土曜日
2020年02月10日
不動産の窓口ブログ

ただの不在で良かった!「長期不在」時はご連絡ください

当社の作成する賃貸借契約書では「一ヶ月以上不在にする場合は通知すること」という条項があるのですが、

そうそうご連絡頂ける方ばかりではないわけで…。

留守なだけ?それとも…?発覚するまでのハラハラ

アパートにお住まいの方から、「お隣の○○号室の方、最近見かけなくて…心配なんですが」とのご連絡。

ご高齢者のお一人暮らしのお部屋でしたので、何かあっては大変だと、確認をとってみることになりました。

 

お電話をかけたものの留守電。

お部屋の周囲を見廻っても出入りの形跡がなく、郵便受けにはチラシが溜まっている。

緊急連絡先に登録されているご親類の方にお電話をしてみると、変更されたのか現在使われていないと言われ、

社内スタッフ皆で、次はどうするこうすると言っておりましたら、なんとかご親類の方に繋がる連絡先が見つかって、

入院のため数週間ほど不在にされていることが発覚した……ということがございました。

 

契約書に書いてあるのは「一ヶ月以上不在の場合」なので、2~3週間の不在であれば連絡する必要はない、ということにはなるのですが、

特にお一人暮らしの方については、なにか事故が起きてはいないか…と周囲の入居者の方も、管理会社スタッフもハラハラしてしまいますね。

 

非常時のためにも、連絡方法をご連絡ください

国内旅行などであれば何かあってもお電話が繋がると思うので良いのですが、

海外旅行や入院など、電話が繋がりにくい場所に行かれて連絡がつかないと、どうしようかと困ってしまいます。

場合によっては警察立ち合いのもと室内確認なんて大事になるかもしれません。

また、緊急連絡先の方の連絡先が変更になった場合は、速やかにご連絡くださるようお願い致します…。

 

ご本人に何かあったのでは! という心配もありますが、

お部屋で水漏れや火事、あるいは泥棒が入った! なんてことが起きた場合に、ご本人や緊急連絡先の方にご連絡がつかないとなかなか大変です。

あまりプライベートな事情に踏み込むわけにもいかないのですが、

非常時の備えと思って、ご不在中の連絡先と、いつお戻り予定か、ご一報頂けますと、ありがたい限りです。

arrow_upward