不動産の窓口
10~18時 土10~15時
日曜・祝日
2020年12月17日
不動産の窓口ブログ

えにわっこの初めての英語は「BALLON(バルーン)おはなし会」から

恵庭市の広報誌を見ていつも不思議に思っていたこと。「図書館からのお知らせ」に「外国の方が原語で絵本の読み聞かせをする」とあります。子供たち聞いてわかるのかな?図書館のホームページにどなたでも参加できる」とあったので、ちょっと覗いてみることにしました。

気軽に参加!おとなもこどもも楽しめます♪

会場は今までの「おはなしのへや」から「会議室」へ。コロナ禍対策でさらに換気しやすいようにとのこと。
真ん中に敷物を敷き、子供たちは靴を脱いで座ったり寝そべったり・・・かなり自由です。

読み聞かせが始まります。今月はクリスマス特集!

エリック・ヒル著「Spot's First Christmas」日本語版は「コロちゃんのクリスマス」と
エリック・カール著「Dream  Snow」日本語版は「ゆめのゆき」

どちらも仕掛け絵本で、
透明のページをめくると動物が出てきたり、ボタンを押すとメロディーが聞こえたりと、それだけで楽しい!

オーストラリアからやってきたジョージア・ヒルさんが英語を読み、
次に同じページの日本語を図書館スタッフやボランティアさんが読み進めていきます。

ジョージアさんの英語はゆっくりきれいでわかりやすい!
単語が聞き取れるのはうれしいものです。
子供たちに話しかけながら一緒に読んでいきます。

羊の絵を見て、
ジョージアさん 「これは英語でなあんだ~」(日本語もペラペラです)
近くのおとな  「シープかな?」
ジョージアさん 「なんて鳴くの?」
子供たち    「めぇーめぇーだよ」
ジョージアさん 「じゃあ英語では?」
子供たちとおとな「?」
ジョージアさん 「baa  baa(バーバー)です。」
みんな     「ええーっ!?」

英語圏の方々の聞こえ方にびっくり(^^♪

読み聞かせの後半は外国の手遊びやゲーム・歌の紹介が多いのですが、
今月はジョージアさん最後の読み聞かせということで、故郷オーストラリアの話。

オーストラリアの州や首都(シドニーじゃない!)の名前など、
ヒントを出しながらみんなで考えます。

特に心に残ったのは、

オーストラリアのクリスマスは真夏なので、サンタさんがサーフィンでやってくる話!
トナカイの代わりがサーフボード、ボードショーツを着たサンタさん・・・(^O^)

オーストラリアの文化の違いなど、おとなも「へえ~」と思うような楽しい話で
あっという間に時間が過ぎてしまいます。

バルーンおはなし会はお母さんのほうが楽しみに来るって聞きましたが、
理由がわかったような気がしました。

ジョージアさんありがとう!また恵庭に来てください♪

落ち着いた語り口、子どもの心をつかむのがとっても上手いジョージアさん。

幼児の英語教育のベテランさんみたいですが、
なんと15歳!恵庭南高校在籍の交換留学生です。

前任の英語指導助手が急きょ帰国し、ピンチヒッターとして引き受けたとのこと。
今では子供たちに名前を覚えられるほどの人気です。

「恵庭の子は恥ずかしがり屋さんもいるけど、明るくかわいい子ばかり。
英語を教えることで自分もいろいろ学べる良い機会でした」と話します。

来月帰国する予定ですが、
オーストラリアの高校卒業後は、
「日本の大学に入り、英語の先生になって日本の学校で教えたい、高校の先生にもなってみたい」と、将来設計もしっかり!

ジョージアさん、楽しいおはなし会をありがとうございました。
日本の大学に入ったら、また恵庭に来てくださいね。


さて、2月からはどこの国の方がいらしゃるのでしょう。
バルーンおはなし会で、初めて外国の方と身近に接するというお子さんもいるのでしょうね。

恵庭で子育て中のお父さん・お母さん、お子さんと一緒に参加してみませんか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

[BALLON(バルーン)おはなし会]
日時   次回は2021年2月17日(水)16:00~16:40(1月・8月はお休み)
会場   恵庭市恵み野西5丁目10-2
     恵庭市立図書館本館  玄関に会場の案内があります。
参加料  無料
申し込み 不要
問合せ先 恵庭市立図書館 (☎0123-37-2181)
HP https://eniwa-library.jp/

arrow_upward