不動産の窓口
10~18時 土10~15時
日曜・祝日
2020年12月14日
不動産の窓口ブログ

落雪による窓割れの対策をしました

毎年雪が降る前に行っている、

屋根からの落雪で窓が割れる危険のあるアパートに、対策のための板の設置を行いました。

昨年も行っており、実際雪が降ったときの状態についてはブログにも書いたのですが、

去年は置いて軽く抑える程度の設置だったのですが、

今年はもう少しがっちりめに設置しました。

 

昭和60年以降くらいに建てられたアパートですと、ほとんどは無落雪の屋根になっているのですが、

昭和50年代から前くらいになると、落雪するタイプの屋根になっていることが多いみたいですね。

 

このアパートは落雪がかなり雪山になって、窓を半分くらいまで埋めてしまうことも多いのですが、

板を設置したり、除雪をこまめに行うことで、少なくともここ十年窓が割れたことはありません。

やはり対策が重要ですね!

 

今年の雪はどうなるんでしょうか。

期待半分、不安半分といったところです…。

arrow_upward