不動産の窓口
10~18時 日祝10~15時
土曜日
2019年01月23日
不動産の窓口ブログ

恵庭ふるさといろはカルタ

恵庭に住む子どもたちが、恵庭について学ぶ。

郷土の歴史などについては小学校の授業でも行われますが、楽しみながら学べるアイテムが市内の学校などで活躍しています。

小学校や生涯学習施設で遊べる「いろはカルタ」

平成17年(2005年)に完成した「恵庭ふるさといろはカルタ」は、

弊社、(株)不動産の窓口の相談役でもある永山伸治氏が代表を務める

「二十一世紀恵庭新ふるさと創りの会」が企画し、七五調句を各所から募集して作成したものです。

恵庭在住の風景画家、関健治さんが水彩で鮮やかな絵をつけてくださっています。

 

カルタには、雪んこまつりといったイベント、漁川恵庭渓谷などの自然、北海道で米作りを成功させた中山久蔵といった、恵庭と関わりのある事柄・人物についての読み句と絵が描かれています。

カルタで遊んでいる間に、恵庭の歴史・自然・文化を学ぶことができ、恵庭市内の小学校などでは、冬の間の遊びの一つとして取り入れているとのことです。

 

道の駅「花ロードえにわ」などで販売されていますが、好評のため現在はほとんど完売してしまったとのことで、お手元での入手は難しくなってきているとのことです。

小学校に入ることは子どもがいない方だと難しいかと思いますが、生涯学習施設「かしわのもり」などで、上部写真に掲載の絵札読み札一覧の貼り出しや、実際にカルタで遊ぶことができますので、

興味のある方は「かしわのもり」を訪ねてみてはいかがでしょうか!

 

地域の特色あるカルタの一つとして、北海道立図書館などでも所蔵されているようです。

「あいうえお」のカルタが多い中、近年作られたカルタに珍しく「いろは」のカルタなのも素敵ですね!

arrow_upward