不動産の窓口
10~18時 日祝10~15時
土曜日
2019年04月28日
不動産相談窓口

北海道で家を買う、家を建てるのにオリンピックは関係あるのか?

北海道で家を建てる、もしくは、中古住宅を買うとして、いつがいいかな?とご相談をいただきました。

イージーです。
東京オリンピックが終わってからがいいですよ、と答えました。

東京オリンピックは、東京だけの問題ではありません。日本のビックイベントです。
世界の人にとってみれば、東京も北海道も九州も、同じ、小さなニッポンです。
アメリカのニューヨークからワシントンは、日本とインドネシアの距離です。

東京は沸騰してます、でも、日本も加熱してます。

今、家を買うのは待った!オリンピックが終わってからにしましょう!

日本が熱い今、土地も沸騰してるわけですね。
さらに消費税増税での駆け込みで、さらに市場は熱くなって、沸騰してるわけです。
 
消費税の増税って、家の購入には、実はあまり影響しないんですよね。

土地は非課税ですし、中古は個人売主の場合は非課税です。

増税後に住宅を購入した人は、ローン減税が10年から13年に延長され、住まい給付金の給付額もUPします。

住宅購入、消費税増税後さらにオリンピック終了後がオススメな理由!

ご注意いただきたいのは、2年以上も前のお話しであれば、当然、その当時に購入するのが一番お得だったと思います。

私がお話ししているのは、あくまでも、ここ最近でのお話しです。

今となってしまえば、増税前の駆け込み需要、その空気がほかの人も巻き込んだ全体の「買い」意識をまくりあげ、結果、土地も高騰してるわけです。
さらに、東京五輪で熱く沸いてる日本なわけです。
人も資材も高騰してるわけです。

経済は需要と供給のバランスなわけです。現在は、圧倒的多数の需要と、品薄の供給です。はっきり言って「超高値」です。

消費税増税後、オリンピック終了後は、経済の熱は冷めます。
需要は激減します。供給過多になれば当然価格は下がります。

建物3,000万円。8%で240万円、10%300万円、差は60万円です、大金です。ですが、今は土地も工事もそれ以外も高騰してるものを購入するわけです。

熱が冷めて落ち着くと、ここが正常、反動を考えると、正常以下に下がるわけです。仮に100万円下がったら、40万円お得ですよね。
政策の優遇措置も受けれるんですから、さらにお得になるのではないでしょうか。

逆に、不動産は今が売りどきです!

お話ししてきたように、今は不動産の買いどきではありません。

逆にいうと、今は不動産の一番の売りどきです!
土地や住宅、その他、不動産の売却をお考えの方は、今がチャンスです。

北海道であっても、東京オリンピックの影響は大きいです。
さらに消費税の駆け込み需要です。


不動産の購入も、不動産の売却も、プロにご相談ください。
北海道恵庭市での土地の売買、家の売買は、不動産の窓口までご相談ください。
https://f-madoguchi.jp/inquiry




arrow_upward