不動産の窓口
10~18時 土10~15時
日曜 祝日不定休
2020年01月20日
不動産相談窓口

この遺言書は有効か

最近は自筆遺言書も増えています。

この書き方で本当いいのだろうか。
有効になるんだろか。

心配になられて当然です。
要件が足りない、異なった場合、無効すなわち「争族」になりかねないわけです。

自筆遺言書で
有効になった実例をご紹介します。


自筆遺言書の有効実例

遺言書

全財産を◯◯◯◯(長男)と◯◯◯◯(次女)に1/2ずつ相続させる。

平成◯◯年◯◯月◯◯日
◯◯◯◯  印

さて、この遺言書は有効でしょうか?

封筒には入って封がされてました。
家庭裁判所に検認してもらいました。

封筒や封印の有無は、遺言書の有効無効には直接要因にはならないみたいです。

検認がされたから有効になるとは限りません。
検認はその遺言書の有効無効を判断するのではなく、遺言書の現状を調書作成することをいいます。

この自筆遺言書は有効となりました。


事前相談でも、事後相談でも、
不動産相続相談は不動産の窓口(恵庭)まで、お気軽にご相談ください。
https://f-madoguchi.jp/inquiry






arrow_upward