不動産の窓口
10~18時 日祝10~15時
土曜日
2019年01月28日
不動産相談窓口

実家を継ぐか売るかの損益分岐点は?

親の死後、実家に誰が住むのか決まってますか?

まず、誰が住むのか、または誰も住まないのか、もしくは当面母一人が住むけど…将来的には空家になってしまう…などなど、まずは今後どうするか、どうなるかをある程度考えなければなりません。

実際、今もしくは近い将来に売った場合いくらになるのか?将来設計に大切なことです。

ここで注意しなければならないことは、たった一つ。
「どこに相談するのか」ですね。

 

不動産の相談は地元の不動産会社が一番

株式会社不動産の窓口は北海道恵庭市にあります。

たとえば、恵庭市などの地方においても、新聞やチラシ、CMなどで一番目にする、耳にするのは、大手の不動産会社ですね。

東急リバブルのCM、楽しいですよね!
中学生の長男はリバ部の部長、
ペットのポチは犬小屋を査定して売却までできるわけですから、大したもんです^_^
東急リバブルCMサイト
https://www.livable.co.jp/cm/gallery.html


札幌市の物件で、なんの問題もなく、単純な家や土地の売買仲介でしたら、東急リバブルさんでも、三井のリハウスさんでも、住友住宅販売さんでもよろしいかと思います。

但し、相談がともなう不動産については、地元の不動産会社がいいですね、その街の情報、事情に長けてます。

なぜ?
東急リバブルは札幌市に営業所があります。そもそも札幌市でも地元企業ではないわけです。
札幌市と恵庭市は、距離でいうと30-35km、電車で25分、車で45分といったところです。
都市計画の違いもあれば、上下水道、ガスなどのインフラも違います。
相場も違いますし、商慣習も違います。
恵庭市の隣町である、千歳市、北広島市も全然違います。

我々は、昔から隣町である千歳市や北広島市、札幌市には行き来しておりますし、親戚も学校も、住んでたこともあり、札幌市も北広島市も千歳市も、恵庭市同様、地元です。大手さんは、もともと北海道にはなかった会社です。札幌市自体も地元でなく、さらに近隣市町村となると全く関わりのない街です。広告宣伝費がたくさんあるので(羨ましっ!)私の自宅にまでチラシが入っておりますが^_^

因みに私は、北広島市で生まれ、恵庭市で育ち、高校は札幌市で、現在は千歳市に住んでおります。
ですので、恵庭も北広も千歳も札幌も地元です。
岩見沢と函館に親戚がいて、幼少期は、夏休みは函館、冬休みは岩見沢にて過ごしてました。
地元ってそんなかんじですよね。
大学と大学院が東京のため、今でも東京にも自宅がありますが…


本題にもどります。

不動産は長いスパンで考えなければいけません。ですが決断は早いに越したことはありません。

質問1
日本はこれから地価が上がりますか?

東京だと東京五輪の関係でバカみたく上がり続けてますが…

少子高齢化、無店舗化、デリバリー化、自動運転化などなど、地価が右肩上がりになる材料はありませんよね。

質問2
ご実家は駅前の徒歩3分の立地ですか?

質問3
築25年以下ですか?

「どうせ売ったって二束三文なんだから、取り敢えずは…放っておこう」って思ってませんか?
一番ダメな考えですよ。



質問すべてがYESの人は、当分、その家や土地を持ってても大丈夫な人です。

すべてがNOの人は、家を継ぐか、家を売るかの損益分岐点は下回ってますので、早めのご相談をおすすめします。

そして、早めの検討が必要な方は、一日でも早く、ご相談いただくことが、何よりの利益となります。


 

不動産相続、不動産の売却、この不動産どうしたらいいんだろう?は一日も早い相談を不動産の窓口まで

2018年9月
北海道には大型台風の上陸と、直後の、大地震がやってきました。

今まで放っておいた物件の、
屋根が飛んだ、壁が崩れた、などの相談が増えました。

もし、台風や地震の前に、ご相談を頂けてたら、もっとお力になれてた案件は正直多かったです。

保険で全て賄えたとしても、将来に心配を残します。
保険が対象外だった場合、いらない、しかも大きい出費となります。
お金の問題だけではないですよね、周りに迷惑をかけることになるかもしれない精神的な負担も大きいですよね。

忘れてはならないのは、台風も地震も過去のことではありません、未来永劫続く災害だということです。

いつくるか分からない災害があるからこそ、放っておくことのリスクを今一度見直してみませんか?

不動産の相談は
株式会社不動産の窓口まで

https://f-madoguchi.jp/inquiry



お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward