不動産の窓口
10~18時 日祝10~15時
土曜日
2019年02月08日
不動産相談窓口

レオパレス物件の管理を引き受けすることはできる?

先日、友人のレオパレスオーナーから管理頼める?と依頼がありました。

友人いわくレオパレスはもたないだろうと。

今は契約中であるが、契約そのものも、根本的な違法建築物を供給したのであるから、契約の前提が成り立たないだろうと。
また、これから訴訟だ、改修だ、株主団体訴訟だ、賠償だ、契約解除だ、が起き、会社自体もたないだろうと。

先日、ガイアの夜明けで放送してましたよね。
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/smp/business/entry/2018/017205.html


結論からいいますと、今の段階では、契約期間中のレオパレス物件の管理を引き受けることはできません。

引き受け不可というよりも、今はレオパレス物件オーナーにとって適切な時期ではありませんということです。
しっかりとした、レオパレス側の対応を促し、保証してもらったうえで、キッチリと決着をつけることがオーナーにとっての利益です。
その後であれば、微力ではありますが尽力させていただきます。




レオパレス界壁問題とは

この問題で一番問題なのは、入居者の命に直結するということですね。
一棟でもそんなことあったらアウトなわけですよ!
ガイアの夜明けでの放送が悪意あるだとか、実際とは数が違うだとか、そういう問題ではないはずです。
一棟でも、一回でもあったらアウトであり、まずは直ぐに、適切に、迅速に、誠意ある対応をするってことです。この期に及んで内規ではOKですから!って、内規じゃなくて法律であり契約ですよね。

界壁とは防火壁のことで、屋根裏の隣との区切りだと思ってください。
火事になったときに延焼しないためのもので、防火と遮音の効果があります。建築基準法で定められてるものです。
これがないというのは、全くないということ。屋根が全部繋がってるってことですね。
これに不備があるというのは、隙間が開いてたり、多重構造がタイガーボード1枚のみの構造だったりのことをいいます。

発表では、要修理、要補修などとなってますが、修理、補修ではなく「改修」です。
天井裏だからといい、入居者が生活してるなかで作業なんてできませんよ。
部屋側から天井を剥がしての作業となります。

とにかくレオパレス物件のオーナーさんは、ほかのオーナーさんとの連携と協力体制をとって、しっかりとした対応、保証、賠償をレオパレス21さんにさせてください。



arrow_upward