不動産の窓口
10~18時 日祝10~15時
土曜日
2018年11月28日
不動産相談窓口

相続やることリストその1

「相続、相続って言うけど、一体、何からやればいいの?」

一番多い質問です。

シリーズでお送りします。

その1「65歳」「資産・負債」

相続は準備が大事。

「65歳」になったら準備をはじめましょう。

さぁー  これから第二の人生楽しむぞ!という節目の65歳。心も身体も頭も元気なうちに、自らの人生を一度、整理整頓してみましょう。

大切なことは、元気なうちにやりましょう。ということです。

今現在、何をどれだけ持っているのか?

それを自分だけではなく、妻や子供など、自分に、もしものことがあった際に分かるようになっているかが大事です。

「資産の把握」  不動産、預貯金、株式、投資信託、車、ゴルフ会員権など様々です。2019年の法改正により、これらの目録は自筆ではなく、パソコンでの作成も有効となりました。

一度、目録を作り、ご自身の資産を改めて確認されてはいかがでしょうか。

ここでのポイントは、資産は今後も増減しますので、作成時以降も、増減できる書き方が望ましいですね。

「負債の把握」  簡単に言えば「借金」です。借入やローンの概要、契約書をファイリングすることをおすすめします。また、個人的な借金も含めて、隠さず明らかにしておくことが大切です。

相続とは、資産も負債も引き継ぐものであり、法的な身分は「同一人」です。要するに「本人」と同じ人とみなされます。隠してた借金まで引き継ぐことになり、隠れてた借金により、資産より負債の方が多くなることも考えられます。

はじめから分かっていれば、「限定相続」や「相続放棄」などで対策もできます。

「負債の把握」でのポイントは、隠さずに書くことが一番大切。そして資産目録同様に、今後も増減しますので、それに対応した書式にすることが大切ですね。

不動産相続の相談は、

株式会社不動産の窓口(恵庭)までご相談下さい。

https://f-madoguchi.jp/inquiry

 

 

 

arrow_upward