不動産の窓口
10~18時 土10~15時
日曜・祝日
2021年04月15日
不動産相談窓口

不動産の窓口(恵庭)にできること 2

「不動産のことは不動産屋になんでも相談ください」とはいうものの、会社によって得意不得意があったりするんじゃないの?

実際に何が出来る会社なの?

そんな疑問を解消するため、わたしどもが出来ることをご紹介させて頂きます!

 

北海道恵庭市の(株)不動産の窓口は「不動産買取・不動産販売・不動産賃貸」を行っています。

 

前回

▶ (株)不動産の窓口は「不動産相続のプロ」です。

不動産買取

不動産の窓口(恵庭)は、不動産の買取りもできます。

買取りできる不動産は、

家や店舗などの建物、ビル・一棟アパート・マンションなどの収益物件、

住宅地(宅地)、原野、山林、雑種地、市街化調整区域の土地も買取りしております。

 

買取一例

・恵庭市柏陽町のアパートを買取しました。

・恵庭市恵み野南のアパートを買取しました。

・恵庭市西島松の建物付き宅地を買取しました。

恵庭市島松の建物付き宅地を買取しました。

・恵庭市和光町のアパートを買取しました。

恵庭市和光町の駐車場借地を買取しました。

・恵庭市戸磯の市街化調整区域にある古家付きの土地を買取しました。 

札幌市藤野の土地(宅地)を買取しました。

白老町の温泉権利付き住宅地を買取しました。

・ニセコ町の山林を買取しました。

・恵庭市牧場の調整区域の原野を買取しました。

 

現在商談中の買取予定物件

・恵庭市泉町の宅地

・函館市の宅地

・長万部町の土地

・ニセコ町の土地

・余市町の土地

・他

不動産の販売

買取りした不動産の販売もしております。



たとえば、「古くなった実家を相続したがもう住まない」などの場合、

建物をリフォームして中古住宅として販売、または、建物を解体して更地の住宅地として販売するなどがあります。



また、終活いわゆる生前に資産を整理したい、子供たちに余計な負担をかけたくないから郊外にある市街化調整区域の原野を処分したいなどの場合も、

当社で買取りをさせていただき、

資材置き場に使いたい会社様や太陽光発電用地として欲しい人、

家庭菜園をしたい人などに販売もしております。

 

 

現在、土地の価値や値段は上がっているのか?

買取にあたっては気にされるかたもいるかと思いますが、

 

北海道の場合ですと、2021年3月現在、

札幌市および周辺地域の土地(住宅地)は高騰しております。

恵庭市も場所によっては3年前の相場より3倍以上に上がってる土地も多々あります。

但し、高騰している土地は住宅地となっております。

 

それ以外の地域の土地(ニセコを除く)は、正直、負動産となっており、

購入価格を大幅に下回る、もしくは価格がつかない査定0円以下の負動産化が進んでおります。

 

不動産の賃貸

買取りしたものは必ず転売(販売)するというわけではありません。

たとえば、アパート一棟の買取りの場合は、貸主として自主管理にて賃貸もしております。

一棟アパートの売買の場合、そこに住んでいる人(入居者様)もいますので、

売主であるオーナー様と住んでいる入居者様にとって一番良い方法で移行することが必要だと考えております。

 

また、土地についても、駐車場や資材置場、家庭菜園用地として賃貸もしております。


 

前述のように、不動産にはオーナー様の想いもあれば、その不動産を借りている人などの関係者がいます。

ただ買取りするだけでは不動産会社としての責務を果たすことにはなりません。

win-win-winの関係を構築することが、プロの不動産会社であり、地元の不動産屋さんなのではないでしょうか。

 

▶ 不動産の窓口(恵庭)の不動産買取事例はこちら ◀

arrow_upward